バスや電車の体験

博物館でバスの運転体験

電車とバスの博物館では体験も

電車とバスの博物館は、1982年に神奈川県川崎市の田園都市線高津駅の高架下に開館後2015年9月28日に一時閉館し、2016年2月19日にリニューアルオープンしています。博物館では、従来の園都市線に東横線や大井町線などの各停や急行、現在の列車のシステムなどが導入されリアルな運転体験が楽しめる8090系の電車シミュレーターや珍しいバスのシミュレーター、ジオラマシミュレーターなどもあり、子供から大人まで心ゆくまで楽しめます。又、小さなお子様用のシミュレーターは、自分でデザインした5000系の電車を走らす事が出来ます。

楽しく体験も出来る博物館

電車とバスの博物館は、2016年2月にリニューアルオープンしています。この博物館には、4階建ての建物にカエル電車で知られる5000系や車掌体験が出来るデハ3450系、休憩室として使われているデハ200系など東急線の旧型車両や電車などが展示されています。当時のバスや8090系、モハ510系は、運転体験シミュレーターやパノラマ模型運転コーナーとして展示されており、子供から大人まで楽しむ事が出来ます。特にキッズワールドには、キッズシミュレーターやプラワールドがあり小さな子供も楽しむ事が出来る人気のスポットです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 子供が楽しめるバス博物館 All rights reserved