電車やバスのイベント

博物館でバスを楽しむ

バスや電車の運転シミュレーター

東急電鉄が運営する「電車とバスの博物館」(神奈川県川崎市宮前区)は全国でも珍しい乗り物の展示があります。この施設は東急に所属する乗り物の展示や、運転シミュレーターなどがあります。その中でも目玉は実際に走っていた車両の展示です。かつて運航していた車両がそのまま展示されており、運転シミュレーターとして活用されています。実際に走っていた車両の運転席に座って、地元路線の運転の体験ができます。バスの車内放送やドアの操作も体験できます。この博物館は乗り物に興味のある子供だけでなく、その親世代、祖父母世代の方にとっても懐かしい展示があり、親子3世代で乗り物の思い出を楽しめる施設となっています。

電車とバスの博物館目玉イベント

今年の2月にリニューアルオープンした電車とバスの博物館の目玉は、事前にインターネット上で東京電鉄の5000系に好きなカラーリングを施し、来館時にキッズワールドで自分がカラーリングした電車のシミュレーションを楽しむ事が出来ます。又、期間限定ですが、20歳以上のお客さま限定の夜間営業DENBUS TWINKLE NIGHTでオリジナル駅弁風のお弁当を楽しんだり、一眼レフカメラ初心者の女性対象の一眼レフカメラレンタル付きの写真教室で撮った家族の写真がポスターになるなどの大人向けのイベントも開かれています。電車とバスの博物館は、子供から大人まで夜遅くまで楽しむ事が出来ます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 子供が楽しめるバス博物館 All rights reserved